ポジメン君

「人材・組織開発」コンサル、「EAPの組織診断」コンサルの経験者が、精神疾患からリカバリー。
ポジティブメンタルヘルスについて書いていきます。

現在、55歳のオヤジ。求職中。

メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ&Ⅲ種合格。
産業カウンセラー資格取得(2017年3月)に向けて勉強中。

記事一覧(28)

【施設長】(スイッチ名物(その3))

代表理事・施設長  畑田 敏雄私は、精神障害2級です。2013年11月「うつ病」と診断されました。(後に「双極性障害Ⅱ型」へ診断変更)発病して2年間は、ほとんど家から出ることができず、苦悩の毎日でした。3年目に「就労移行支援施設」(シャローム所沢さん)と出会い、徐々に回復しました。しかし、「55歳の精神障害者に、いまさら就職先などあるはずもない」「この世に自分の居場所などどこにも無い」と、自暴自棄になりかけていた時でした。スタッフから「あなたなら、就労移行支援施設をつくれるのでは?私たちでさえできたのだから、あなたならきっとできるますよ」と言われたのです。「とても無理でしょう。だって、一日8時間はたらく体力だって自信がないし・・・」「経営者になれば、勤務時間の自由がききますよ」「でも、立ち上げは大変だし、またストレスにやられて、病気が再発するのでは・・・」「私たちがアドバイスしますよ」「え?・・・それって商売がたきをつくることでは?」「私たちは商売をしているのではなく、福祉をしています。施設に入りきれない利用者はまだまだ増えていますよ」「それぞれ特徴のある施設があって、その中からご利用者が自分にあったところを選んでゆけばいいんですよ。」「へ~ そうなんだ。」「でも、確かに、そうなのかも・・・・。なんといっても、毎日満員電車で通勤しなくてもいいし、休みたい時に休める。立ち上げのアドバイスはもらえる・・・意外によいかもしれない」と思い始めました。私には、人材・組織開発コンサルとしての経験がある。今、産業カウンセラーの勉強をしている。なにより、精神障害者(当事者)として、利用者の気持ちがよくわかる。50歳すぎで発病したから、多少の貯蓄はある。・・・ いけるかもしれない! バラバラだった断片(ピース)が、    「一つ」の絵になったのです。これが、私の「こころの起動スイッチが入った瞬間」でした。それ以来、「自分だったら、どんな施設にしようかなぁ・・・」と考えるうちに、これまでの自分の居場所がなくて、みじめで、悲しく、むなしく、諦めばかりのこころに、ひさしぶりに、「おもしろい」「楽しい」といった感情がもどってきたのです。最初は、かすかな変化でした。しかし、少しづつ、気力と体力が戻ってくるのが自分でもわかりました。自分の中に、まだ、こんな可能性が残っていたとは・・・・。不思議に思いました。もちろん、発病前の自分と比べると、まだまだです。でも、未来に向けて、光がさしました。毎日死にたいと思っていた日々からは、きれいに抜け出すことができました。当事者としての思いを形にしたのが、「スイッチ・新所沢」です。「あなたのこころの起動スイッチ」・・・必ずあります!一緒に、さがしてみませんか?次回は、あなたのお話を聴かせてください。◎私の手記(発病して6ケ月ごろ)

【ご利用開始のステップ】

1.まずは、ご見学を「お申込み」ください。  (電話:04-2941-6628 メール:info@switch01.jp)2.「ご見学」の実施。ご説明。(何でもご質問ください)3.あなたのお話を、ぜひ、お聴かせください。4.ご意向の確認。 ⇒ 「お試し利用」がスタート。5.お住まいの市町村の障害福祉担当に、「障害福祉サービス受給者証」の  交付を申請します。(*「交付」されるまで10日間くらいかかります)6.「計画相談員」に、『スイッチ・新所沢』の利用方法などを、   ご相談してください。  (ご希望であれば、「計画相談員」をご紹介いたします。)7.「障害福祉サービス受給者証」がお手元に届きます。   (コピーをご提出ください)8.正式に「ご利用契約」を締結します。 (ご印鑑をご持参ください)9.ご希望であれば。「個別カウンセリング」実施します。(無料です)  (正式スタートに際し、あなたのお気持ち、ご意向をお聴かせください)10.施設に慣れて、お気持ちが落ち着いてきたら、将来へ向けた方針や、就労の  方向性について、じっくりと話し合っていきましょう。  (将来への不安・希望・可能性、成長目標・個別支援計画づくりなど)11.ご希望であれば、「キャリア・インサイト」を活用しながら、   ご自分の適性や、就労の可能性について一緒に考えていきましょう。 *「キャリア・インサイト」とは、コンピュータを使いながら、職業選択に役立つ  適性評価、適性に合致した職業リストの参照、職業情報の検索、キャリアプランニング  などが行える「キャリア・ガイダンス・システム」です。  独立行政法人 労働政策研究・研修機構が開発したシステムで、大学、企業、  ハローワークなどで使われています。 尚、ご利用者は、いつでも、無条件に「ご利用契約」を解消することが  できます。